プランター

プランタ―でイチゴを作ろう 初心者でも出来る イチゴの栽培方法

投稿日:

イチゴの栽培方法

材料

標準サイズのプランタ―
「横幅60cm程度、深さ18cm程度、容量15L程度」


「野菜用、草花用培養土、15L程度」

鉢底石

液体肥料


「品種・秋植え用」

 

1・苗植え

プランタ-の底が見えなくなるまで鉢底石を敷きます。

そして、土を入れます。

苗は秋植え用の茎がしっかりしている苗を購入しましょう。
「お近くの農協や苗販売店で購入出来ると思います。」

人差し指と中指で苗を挟み、
苗が入っているポットをひっくり返して優しく取り出しましょう。

土に少し大きめな穴を掘って苗を置きます。

苗の周りに土を被せます。

この時に、
新芽の部分「株元」が隠れないように浅く植えます。

注意点

苗を深く植えると水が貯まり、苗が枯れてしまうからです。

苗の間隔

15cm~20cm程度開けましょう。

ツルと反対方向に花が咲く為に、ツルの向きを揃えると収穫しやすくなりますよ。

2・水やり

苗を植え付けた後はたっぷり水やりをしてください。

その後も、
土の表面が乾いてきたらたっぷり水与えるようにしましょう。

注意点

葉に水がかかると病気の原因となるので注意してください。

追肥

苗を植え付けの1ヶ月後。
10月中頃に植え付けたなら、11月中頃に追肥します。

3月には新葉の育成が始まります。
その時に、もう1度追肥を行います。

注意点

新葉の育成のためにも枯れた葉や黄色く変色した葉は
早めに摘み取りましょう。

3・収穫時期

半年程度経ったのち、
花が開花したらより実がなるように人工授粉を行います。

綿棒で花の中心部の雌しべを軽く撫でるだけで十分ですよ。

1ヶ月程で実の全体が色づいてきます。

赤く色ついた実から、
ヘタの近くをはさみで切り取り収穫しましょう。

まとめ

イチゴを収穫するまでに栽培期間が約半年以上かかります。

イチゴの苗を、
丁寧に管理しないと枯れてしまう可能性が高くなります。

自分も初年度はイチゴの栽培はうまく出来なかったです。

2年目からは、
少しずつ要領を把握して収穫に至りました。

今年は3年目です。
春のイチゴ収穫に向けて、
今年こそ甘くて美味しいイチゴを収穫しようと思います。

春に収穫できる果物で1番美味しくて嬉しいのはイチゴですよね。

子供さんがいるご家庭の皆さん
イチゴ栽培チャレンジしてみるのもいいと思いますよ。

子供の喜ぶ顔が沢山見れると思います。

スポンサ―リンク
 




 

スポンサ―リンク
 




 

-プランター

執筆者:

関連記事

プランタ―で野菜を作ろう 初心者でも出来る ほうれん草

プランタ―で野菜を作ろうと思います。 野菜を作るのも趣味なんです。 秋の収穫も一通り出来たので、冬の時期の野菜を作ろうと思います。 夏に収穫できた野菜は、トマトと枝豆です。 秋の時期に収穫出来た野菜は …