パチンコ・パチスロ

スロット規制緩和より【高設定】を狙える環境を整える方が先だと思う

投稿日:2018年2月1日 更新日:

高設定狙い

【イベント告知規制後】
通常営業で高設定狙いが出来ない状況が続いているのは
スロットユ-ザ-なら誰でも知っていると思います。

【高設定狙い】を諦めているユーザーさんも多いと思います。

パチスロで1番面白い所は
自分の予想していた台が狙い通り【設定6】
【大量出玉】
が出た時だと思います。

4号機時代も5号機時代も
その感覚は変わらないと思います。

朝から【設定狙い】が出来なくなっていることが
今のパチスロが【面白くない】に繋がっているのだと思います。

【環境の違い】

【ホールの特定日】や【ライタ-来店イベント】だけでは弱すぎる。

YouTube動画を見て解るように
ホール側がリスクを負いながらも
【圧倒的出玉感】でイベント開催する
【優良ホール】は少ないと思います。

経営力の無いホールは
【ホールの特定日】や【ライタ-来店イベント】で
回収する事も多いです。

YouTube動画でパチスロ環境の違いを
目の辺りにすることによって【高設定狙い】を
諦めて【5円・10円】スロットに
変更されたユーザーさんもいると思います。

5円・10円スロット

5円・10円交換のスロットを
遊技されているユーザーさんに問いますが、
高設定を期待して遊技されていますか。

【20円交換】の通常営業より
確実に【高設定】入ってないと思います。

5円・10円スロットを遊戯することによって、
本来のパチスロの
【面白さや醍醐味】が薄れていくと思います。

換金率の変更

等価交換【47枚】通常営業で
【中間設定・高設定】比率を上げられないなら
換金率を変更して
6枚交換・6・5枚交換でも良いと思います。

ホール側も換金ギャップを利用して
【中間設定・高設定】多めに使う事が出来ると思います。

6枚交換・6・5枚交換が
主流になったとしたら、
ホール間の競い合いが激化します。

高設定を使わないホールは
自然とパチスロユーザーから淘汰されていきます。

パチスロユーザーはホール間の
競い合いが激化することを望んでいると思います。

【今より高設定を打てる頻度が上がるから】

まとめ

6号機のスロット規制が緩和しても
高設定が使用される頻度が低ければ
【意味が無い】と思います。

高設定で無ければ、
どんなに優秀な台が作られても
【本来の性能を発揮する事】出来ないからです。

高設定を打てる環境が整えば自然と遊技人口は
増えていくと思います。

 

スポンサ―リンク
 




 

スポンサ―リンク
 




 

-パチンコ・パチスロ

執筆者:

関連記事

スロット6号機規制緩和【噂】 【2019年10月・消費税増税】スロット遊技人口の減少は止められるのか⁉

スロット 6号機規制緩和の内容 ネット上では6号機の規制緩和に関する情報が アップされています。 どのような内容なのか。 有利区間告知ランプ点灯タイミングの自由化 5.9号機は 【ART機】有利区間に …

スロット・パチンコ規制【過去・現在】2部構成で説明したいと思います【過去編】part1

スロット・パチンコ規制 過去編 5号機からパチスロを始めたユーザーさんも多いと思います。 過去の4号機スロット規制の内容を把握して貰えたら 今後のスロット業界の展望が理解できてくると思います。 4号機 …

国内に【カジノ施設】が出来ることによって、今後のパチンコ店にどのような影響が現れるか

【世界最高水準の規制】 カジノ施設に国土交通省の立ち入り検査の権限を与えて違反を取り締まり、 【世界最高水準の規制】を目指す方針を掲げています。 カジノ施設の運営は免許更新制にし、 政府内に新たに設け …

サラリーマンがスロット・パチンコを【副業】として稼いでいく事は難しい

スロット・パチンコ【副業】 5年前ならスロット・パチンコを 【副業】にしていた方も多いと思います。 【パチンコ】 朝一潜伏確変狙い 【スロット】 仕事帰りのサラリーマンでも 【天井狙い】【ゾ-ン狙い】 …

【ライター来店】 常連客・一般客にとって本当に必要なのか疑問に思う

【ライター来店】 東京都内では、 【ライター来店告知禁止】の規制が強化されたのはご存じでしょうか。 今後、 全国的に【ライター来店告知】の強化が波及するでしょう。 数年前に、 【イベント・広告告知】が …